事業者ローン選び ~ 信頼できるビジネスパートナー ~

お金

目的事にローンを変えよう

クレジット

カードローンは自由に好きなことに使えるフリーローンの仲間です、カードローンの需要は高く、多くの人に利用されています。カードローンを利用する際には金利が発生します。カードローンを発行している金融機関によっては、低金利のものから高金利のものまであります。自分が利用しているカードの金利は低金利なのかどうかしっかりとしておくことは、計画的に返済するために重要なのでしっかりと確認しておきましょう。カードを使用した際に借りたローンのことを元金といいます。そしてこの元金に対して、一定の利率をかけて算出される手数料のことを利息というのです。ここでいう一定の利率が金利ということになります。この金利が低金利か高金利かで利息の数値が大きく変わるのです。

カードローンの金利は、利用限度が大きくなればなるほどその金利は低金利になります。低金利か高金利かは、金融機関が決定しているわけではなく、利息制限法という法で決められた、上限金利の範囲で設定しているのです。この利用限度が大きくなるに連れて低金利になるというのは借りる元金が大きくなると支払う必要のある利息分も大きくなるからなのです。低金利であっても利用している残高が大きくなれば支払う利子も当然大きくなります。カードローンは用途がフリーな多目的ローンなので、使いみちはどうであれ、同じ金利が採用されます。もし、使用目的が車、家など決まっているのであれば、目的ローンを利用した方が低金利になる可能性もあります。使用目的に応じて、目的ローンとフリーローンを使い分けることで、低金利で資金を使うことが出来るのです。